ページの先頭です
メニューを読まずに本文へ移動します
 
 
ここからグローバルナビゲーションです
 
 
ここからローカルナビゲーションです
 
 

新生佛教の特長

当来佛の教えです

新生佛教の教えは、神佛が人間の体を藉(か)りてこの世に出現された『当来佛』が、直接、説かれたものです。「仏教」は約2500年前に出現された当時の当来佛「お釈迦様」が説かれました。現代に出現された当来佛を「御遷主様」とお呼びし、御遷主様が説かれた新生佛教の教えは、現代の進んだ学問、国民の知識水準にふさわしい高度な教えです。(新生佛教では、神佛同体で、佛様も人間ではないことから、人(イ)に弗(あらず)の意から「佛」の字を使います。)

入団と同時に霊観能力(ご神示)をいただくことができます

神佛に守られて安心、安全で生活するために、神佛と意思の疎通ができる霊観能力が必要です。新生佛教では入団と同時に子供に至るまでこのお力を授かります。毎日の生活にこのお力を活用することで、生活を豊かにすると同時に、神佛の存在、お力、法、教えを掴んで、佛道修行を進めることができます。

神佛からのお知らせの合図を受けて日常生活を指導していただくことができます

ご神示で霊観修行を進めると、神佛から、手足など身体の一部が痛くなったりしびれたりして、合図のお知らせをかけていただくようになります。それによって、これから起こること(例えば、雨が降るから洗濯物を入れなさい。お客様が来るからそうじをしなさい。)や、やるべきこと、必要なことなどを神佛から直接指導していただくことができます。

神佛の自制作用によって守られます

新生佛教の教えを学び、実践すれば、神佛によって事故を起こす交通機関に乗れないようにされたり、あるいは火事を未然に発見する場所に行かされたりして、難を逃れることができます。また、仕事上で役に立つ人に会わされたり、試験に出るところを勉強させられたりして、良い結果を得ることができます。

お知らせを絵姿で解明できて、神佛から的確な指導を受けられます

病気や事故、家族の不和や不登校、あるいは事業不振などの神佛からの合図(お知らせ)の意味を、絵姿(神佛が人間を動かしてジェスチャーのように身振り手振りで意味を伝える)で解明することができるので、神佛が望んでおられることを知り、実践することができます。神佛のご指示通り実践するので、必ず良い結果を招来することができます。