ページの先頭です
メニューを読まずに本文へ移動します
 
 
ここからグローバルナビゲーションです
 
ここからローカルナビゲーションです
 
  • 2015年3月24日

教主監修による単行本 『正しい供養がわかる本』 を発刊

御遷主様ご出世100年会に合わせて販売が開始されたこの書籍では、正しい供養のあり方、考え方について、分かりやすくまとめてあります。

 

 「子や孫に迷惑をかけたくない」「経済的に安価である」――そんな理由から、自然葬(散骨、樹木葬)などを希望する人が増えつつあります。また、仏壇や神棚がある家が減り、若い世代で手を合わせる機会が減るなど、日本人の「供養」や「敬神崇祖」に対する意識が変わりつつあります。しかし、それを時代の変化だと推奨していいものでしょうか。この世の中には、人として必要な正しい考え方や行動があります。それに沿うことで、人生はおのずと幸せに運ぶものです。子や孫が本当に幸せになるためには、これを伝えなければなりません。

 

本書は「供養」をテーマに幸せへの道を解き明かした、人生必携の指南書です。